本文へスキップ

証券会社の比較・検討サイトはネット証券などを徹底比較してます。

売り時を見極める

株の売り時を見極める方法

株を売る時には投資スタイルに応じて行いとにかく利益追求が重要です。

特にデイトレやスイングトレーディングなどの短期型投資を行っているのならばタイミングを逃さずに売り、利益を確定することが肝心です。

株式投資においては売るタイミングを見極めることがもっとも重要です。


15%〜20%位の利益
が出せるようであれば、その投資は成功したといえます。

個人投資家の場合ですと、一般的には15〜20%位が投資目標となります。

売りのタイミングは、投資のスタンスによっても違ってきます。

短期投資は小さな利益の積み重ねであり、長期投資では一度に大きな利益を狙います。

短期投資は、小さな利益を何度も上げるところに面白みが生まれます。1000円で買った株が1100円になるり、少し上げどまりなのかと思ったら売るべきです。

そしてその後また下がったところで買います。短期投資はこの繰り返しで利益を出します。

しかし、長期投資の場合は違ってきます。目先の株価の動きに動じず、自分の選んだ
銘柄を信じ続けて持ち続けます。
そして投資した金額の何倍何十倍もの利益を手に入れます。

投資する段階で、自分の投資スタンスをはっきりと決めてください。
そうすることにより自然と売るタイミングが決まってきます。

また、投資金額にもよりますが、何%儲けが出たら売る、いくら儲かったら売ると決め
ておくことも重要です。

誰しも、自分の選んだ株を売る時には、もっと値上がりするのでは、もっと儲けが出るのでは、と言うが出てくるものです。

しかしそうした欲が出てしまうと売るに売れなくなる場合も出てきます。

けれども市場はそんな個人の欲とは無関係に動いています。
迷っている間にも、株価が下がり、儲けが無くなる場合もあります。

売り時を決めるには、自分の欲とどのように戦うかも大きなファクターとなります。

そこで、株式投資における「売り」に関する格言をご紹介します。
 
 1.売りは早かれ
     買いは遅かれ


買うチャンスはたくさん来るが、売るのに絶好のタイミングは一瞬のこと。
ここと思ったら素早く売りましょうということ。

2.二度に買うべし、
     二度に売るべし


売り買いはすべて一度に行わず、二度の手間をかけてやってもよいと言う意味。

3.売り買いは腹八分

  安値で買い、最高値で売るなんていう完璧さを狙わずに、ある程度の利益を確保しようとするこが大切です。投資に全財産をつぎ込むなという意味もあります。


では皆さん「売り時を見極めて」頑張りましょう!