株価収益率:PERについて解説


証券会社の比較・検討サイト

PER:株価収益率


株式投資の基礎>>PER株価収益率

証券会社の比較・検討


証券会社の徹底比較

証券会社データ別比較

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券

丸三証券


カブドットコム証券

ジェット証券

トレイダーズ証券

ひまわり証券

コスモ証券

GMO証券

ライブドア証券


資料請求タイコム証券(HP)

安藤証券(HP)

岩井証券(HP)

丸八証券(HP)



株式投資の基礎


株式投資の基礎

証券会社の選び方・付合い方

儲かる株の選び方

ネット投資のやり方

投資情報収集のすすめ

「買い」には気合いが重要

売り時を見極める


チャートの研究


テクニカルチャートとは

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券


投資指標の研究


ファンダメンタル分析とは

PER(株価収益率)

PBR(株価純資産倍率)

ROE(株主資本利益率)


サイトについて


サイトマップ

お問い合わせ

リンクについて

相互リンク集

投資雑記

免責事項

株式用語検索

 PER(株価収益率)

PER:株価収益率とは


株価の決定には、発行済株式数などさまざまな要素が関係してきます。
株価の絶対額を見ただけでは割高なのか割安なのか分かりません。

そこで
株価指標のPER(株価収益率)を見ることにより、その企業が出している利益との関係で割高か割安かを判断することが出来ます。

銘柄ごとのPERに関しては、各ネット証券の銘柄の
株価情報画面に掲載されていることが多いので、そこで確認することが出来ます。

株で儲けを出すには、割安な株を買うことだと、言われています。
割安な株というのは、どう言う株かと言うと、
例えば半導体の会社A社の株価は1000円で1株あたりの利益は100円とします。
一方のE社の株価は500円、1株利益は10円とします。

株価だけを見ればA社の方が高いのですが、PERで見てみるとA社は10倍、E社は50倍ということになります。
E社の方が割高であるということになります。

PERで見ると、1000円の株より500円の株の方が割高であるということになります。
つまり利益の観点から見てみると、E社は10円の利益しか上げていないのに、A社は1株当たり1000円の利益を上げているのです。

企業をまるごと買うために必要な資金を「時価総額」と言いますが、これは株価×発行済株式数で求めることができます。

例えば、自動車のホンダをまるごと買ったとすると約4兆8千億円のお金が必要です。ホンダの年間利益予想は2005度で約.4.4千億円ですので、
約11年でモトが取れることになるわけで、けっこうお買い得な会社と言うことになります。

PERはこの例えを1株あたりに置き換えて考えたものです。

ホンダの場合株価が1株あたり約5900円で1株あたりの利益が約520円です。
つまりPERは約11.34倍です。(05年09月某日現在)

日本企業の株の
平均PERは特殊な時期を除いてだいたい15倍から20倍程度で推移しています。このように考えると、11.34倍のPERは割安な株と言えます。

しかしPERの低い株イコールお買い得な株かといいますと、答えはノーです。
なぜなら、株には先見性があります。ですから成長している企業の株は買われ、株価はそれを反映して高くなります。つまり1株利益の観点でみるとまるで役に立たない状況がj生じます。

特に新興企業やベンチャー企業などは、PERが200倍や300倍の企業もごろごろしてます。
逆に言いいますと、PERの極端に低い株は、投資家たちがその企業に対して成長性を感じていないということです。
ですからPERは、銘柄選び迷いが出たときに持ち出す程度がよいと思います。


PER
PERは「price earnings ratio」の略で、「株価収益率」と呼びます。 以下の式で計算できます。

  PER=株価÷1株当たり利益(EPS)

株価を1株利益で割った数字で、その株の割安度をあらわしますが、極端な数字の低さはその株が市場で人気がないことも意味しています。




ファンダメンタル分析を行うなら、使いやすいイートレード証券と手数料が低水準で手軽に売買が出来る松井証券がお勧めです。

丸三証券
新規に口座開設されたお客様は、
2ヶ月間、株式手数料が無料となります。
ネット証券bP
イートレード証券は実績bP初めの一歩
はここから、まずはイートレード証券に口座開設
松井証券
日本初のオンライン証券。気になるサービスいろいろ。証券会社
を選ぶなら、総合力で
オンライン証券ならオリックス
日の約定代金合計600万円まで
業界最低水準の手数料、一律3,150円。
マネックス証券
オンライン証券ならではの多様な商品・サービスのご提供を通じて、お客様の資産運用を応援しています。
イーバンク銀行
オンライントレードに必須の銀行。是非作りたいネット銀行ナンバーワン

投資指標の研究へ戻る >> PER:株価収益率 >> PBR:株価純資倍率の解説へ

HOME | サイトマップ | お問い合わせ | リンクについて | 相互リンク集 | 免責事項
当サイトを利用してのいかなるトラブル、損害、損失については当サイトでは一切責任を負いません。
当サイトの掲載内容、構成、デザイン等の無断転載・コピーはかたくお断りします。
 Copyright(c)2005-2007  証券会社の比較・検討サイト All rights reserved.