投資指標のファンダメンタル分析について解説


証券会社の比較・検討サイト

ファンダメンタル分析


株式投資の基礎>>ファンダメンタル分析とは

証券会社の比較・検討


証券会社の徹底比較

証券会社データ別比較

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券

丸三証券


カブドットコム証券

ジェット証券

トレイダーズ証券

ひまわり証券

コスモ証券

GMO証券

ライブドア証券


資料請求タイコム証券(HP)

安藤証券(HP)

岩井証券(HP)

丸八証券(HP)



株式投資の基礎


株式投資の基礎

証券会社の選び方・付合い方

儲かる株の選び方

ネット投資のやり方

投資情報収集のすすめ

「買い」には気合いが重要

売り時を見極める


チャートの研究


テクニカルチャートとは

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券


投資指標の研究


ファンダメンタル分析とは

PER(株価収益率)

PBR(株価純資産倍率)

ROE(株主資本利益率)


サイトについて


サイトマップ

お問い合わせ

リンクについて

相互リンク集

投資雑記

免責事項

株式用語検索

 ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは、

簡単に言いますと
景気や、企業の業績、収益などから株価の動向を探る分析方法です。

会社(企業)の業績が上向けば株価は上昇すると考えられています。 企業の業績が今後よくなるのか、悪くなるのかを予測できればかなりの確率で儲けることが出来ます。

そこで企業の将来の業績を予測ししたり、株の売買の時の判断材料として数値を分析することをファンダメンタル分析による株式売買と言います。

ファンダメンタル分析とは別にテクニカル分析がありますが、こちらはチャートの研究の中で簡単に説明してますが、主にテクニカルチャートなどを使った投資手法のことを言います。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方を使う(個人の好みにより比重は違ってきますが)ことにより、より確度の高い投資を行うことができます。ですから、安全確実な株式投資を目指すのであれば両方理解しておく必要があると思います。

さて本題のファンダメンタル分析ですが、(たまに横道に外れてしまうことがありますが、最後までお付き合いください。)企業本来の持っている実力を調べることを言います。

売上高や利益はどれくらい伸びているか、利益の水準は高いか低いか、配当はきちんと出しているか、借金は多いか少ないか、などを個々の企業ごとに見ていきます。その上で、今のマーケットで取引されている株価が割安か割高かを判断します。割安なら買い、ということになります。

もう少し違う表現をしますと、その企業の株の本質的な価値を算出して、現在の株価と比較することです。
ファンダメンタル分析では、ごく短期間の株価の上げ下げは予測することが難しいです。
短期的な株価の上下動は余り気にせず、長期的なスタンスで株の売買を行うことに向いた分析手法と言えます。


ファンダメンタル分析の投資指標について

PERやPBR、ROEはファンダメンタル分析の基本の部分になります。最低限の、企業の財務指標を確認して、テクニカル分析と組み合わせて用いると非常に有効になります。

このページでは指標について一覧で簡単に説明致します。

詳しくは以降のページでご説明いたします。

PER PERは「price earnings ratio」の略で、「株価収益率」と呼びます。 以下の式で計算できます。

  PER=株価÷1株当たり利益(EPS)

株価を1株利益で割った数字で、その株の割安度をあらわしますが、極端な数字の低さはその株がしじょうで人気がないことも意味しています。
PBR PBRは「price book-value ratio」の略で、「株価純資産倍率」と呼びます。
PBRを計算するには、まず純資産(資本金に資本準備金等を加えたもの)を発行株式数で割り、1株当たり純資産(BPS)を求めます。

  BPS=純資産÷発行株式数

そして、株価をBPSで割ってPBRを求めます。

  PBR=株価÷BPS

株価を1株あたり純利益で割った数字。これが低いのは、株価に対する不安の少ない企業ですが、不人気であることも表している。
ROE ROE(株主資本利益率)とは「return on equity」の略で「株主資本利益率」と呼びます。

  ROE=1株当たり利益(EPS)÷BPS×100(%)

当期純利益を株主資本で割ったもの。利益の効率性を示すが、新興企業の評価にはあまりやくに立ちません。


ファンダメンタル分析を行うなら、使いやすいイートレード証券と手数料が低水準で手軽に売買が出来る松井証券がお勧めです。


丸三証券
新規に口座開設されたお客様は、
2ヶ月間、株式手数料が無料となります。
ネット証券c純
イートレード証券は実績bP初めの一歩
はここから、まずはイートレード証券に口座開設
松井証券
日本初のオンライン証券。気になるサービスいろいろ。証券会社
を選ぶなら、総合力で
オンライン証券ならオリックス
日の約定代金合計600万円まで
業界最低水準の手数料、一律3,150円。
マネックス証券
オンライン証券ならではの多様な商品・サービスのご提供を通じて、お客様の資産運用を応援しています。
イーバンク銀行
オンライントレードに必須の銀行。是非作りたいネット銀行ナンバーワン


チャートの研究へ戻る >> ファンダメンタル分析とは >> PER(株価収益率)の解説へ

HOME | サイトマップ | お問い合わせ | リンクについて | 相互リンク集 | 免責事項
当サイトを利用してのいかなるトラブル、損害、損失については当サイトでは一切責任を負いません。
当サイトの掲載内容、構成、デザイン等の無断転載・コピーはかたくお断りします。
 Copyright(c)2005-2007  証券会社の比較・検討サイト All rights reserved.