証券会社ごとにチャートの研究をしていいます


証券会社の比較・検討サイト

チャートの研究


株式投資の基礎>>チャートの研究

証券会社の比較・検討


証券会社の徹底比較

証券会社データ別比較

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券

丸三証券


カブドットコム証券

ジェット証券

トレイダーズ証券

ひまわり証券

コスモ証券

GMO証券

ライブドア証券


資料請求タイコム証券(HP)

安藤証券(HP)

岩井証券(HP)

丸八証券(HP)



株式投資の基礎


株式投資の基礎

証券会社の選び方・付合い方

儲かる株の選び方

ネット投資のやり方

投資情報収集のすすめ

「買い」には気合いが重要

売り時を見極める


チャートの研究


テクニカルチャートとは

イートレード証券

松井証券

マネックス証券

楽天証券

オリックス証券


投資指標の研究


ファンダメンタル分析とは

PER(株価収益率)

PBR(株価純資産倍率)

ROE(株主資本利益率)


サイトについて


サイトマップ

お問い合わせ

リンクについて

相互リンク集

投資雑記

免責事項

株式用語検索

 テクニカルチャートとは

ネット証券のチャートについて

ネット証券会社に口座を作ると、TICK、ストキャスト、ボリンジャーバンド、一目均衡表などなど無料でさまざまなテクニカルチャートが使えるようになります。

無料で信用残や簿リンジャーバンド、価格帯別出来高、などのチャートが表示されるようになっています。
ネット証券各社表示使用できるチャートの種類に違いがありますので、出来るだけ多くの証券会社に無料口座を作っておくのが良いでしょう。


ネット証券のテクニカルツール比較

テクニカルツール ボリンジャーバンド 価格帯
別出来高
TICK ストキャ
スティック
パラボ
リック
一目均衡表
イートレード
証券
.
マネックス
ビーンズ証券
オリックス証券 . .
松井証券 . . .
楽天証券 . . . .. .


テクニカル指標についての研究

テクニカル指標は全部で30種類とも40種類あるとも言われてます。
その全てを理解する必要はありませんし、全てをマスターすることは不可能に近いです。
そこでここでは代表的で必要不可欠な4種類のテクニカル指標について説明します。

1.移動平均線

ある一定期間の株価の平均を折れ線グラフにしたのが、移動平均線と言います。
株価が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかをすぐにつかむことが出来ます。
さらにトレンド(傾向)転換のサインを見つけることも可能です。

ローソク足に付いたり離れたりして表示されるのが移動平均線です。移動平均線とは過去の買値の単純平均を表しています。
たとえば、「10日移動平均」といえば、直近の10日分の終値を合計して10で割って計算したものをいう。
移動平均線は株価の過去の平均なので特徴としたは、株価が下がっているときは、移動平均線も下がっています。逆に上がっているときには、移動平均線より上に株価がある。

2.一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、日本で考えられた株価の上昇・下降の転換点を明らかにして株価が今後どの方向に向かうのかを予測することがげきる指標のことです。
基準線、雲、先行スパン1、転換線、先行スパン2、遅行スパンの複雑なラインを描きます。
特に「雲」と株価の関係は非常に密接であり着目すべきです。

3.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、統計学の手法で言うと第1標準偏差、第2標準偏差をプロットし線を上下動に引いて作る。
簡単に言うと移動平均線の上下に2本ずつラインを引くことをいう。そのラインは移動平均線から等間隔ではなく、株価の動きが激しいところでは広くなり、動きの少ないところでは、狭くなるろうに計算されている。

バンドの幅がほぼ一定で水平になっている時は、株価がもみ合いの動きをしている時であり、一番上の補助線で売り、一番下の補助線で買いというシグナルになる。

4.新値足

大きなトレンドをつかむのに有効な指標です。
新値足とは、高値を更新したら、そのつど行をずらして陽線を描き、安値を更新したら、そのつど行をずらして陰線を描くというチャートです。

基本形と言われる「新値3本足」は、上昇トレンドで直前3本分の安値を更新したら陰線を描き、下降トレンドで直前3本分の高値を更新したら陰線を描きます。

陰線から陽線へ転換したら買いのサイン。
陽線から陰線へ転換したら売りのサインと考える。

単純で分かりやすくトレンドが出た場合に有効なチャートです。
    

松井証券
日本初のオンライン証券。気になるサービスいろいろ。証券会社
を選ぶなら、総合力で
オンライン証券ならオリックス
日の約定代金合計600万円まで
業界最低水準の手数料、一律3,150円。
マネックス証券
オンライン証券ならではの多様な商品・サービスのご提供を通じて、お客様の資産運用を応援しています。
イーバンク銀行
オンライントレードに必須の銀行。是非作りたいネット銀行ナンバーワン


株式投資の基礎へ戻る >> テクニカルチャートとは >> チャートの研究:イートレード証券の解説へ

HOME | サイトマップ | お問い合わせ | リンクについて | 相互リンク集 | 免責事項
当サイトを利用してのいかなるトラブル、損害、損失については当サイトでは一切責任を負いません。
当サイトの掲載内容、構成、デザイン等の無断転載・コピーはかたくお断りします。
 Copyright(c)2005-2007  証券会社の比較・検討サイト All rights reserved.