本文へスキップ

証券会社の比較・検討サイトはネット証券などを徹底比較してます。

PBR(株価純資産倍率)

PBR(株価純資産倍率とは)

企業の資産との比較から算出したのがPBRです。
これを見れば、その銘柄1株あたりの資産に対し、何倍の株価が付いているのかが分かります。
PBRが低い会社の場合、安全な株である一方、人気がない銘柄とも言えます。

会社の資産と株価の関係を数値化して、株価が割安なのか割高なのかを判断する尺度が、PBRなのです。
数値が高ければ割高で、引くければ割安ということになります。

PERが収益力から株価を判断するのに対して、PBRは企業の純資産から株価を判断します。
計算式は、
株価÷1株当たり純資産(BPS)です。

純資産(BPS)とは、株主資本と同じ意味で、会社の資産から負債を差し引いた部分のことです。

純粋にその会社の資産といえる部分ことです。
そして1株あたりの純資産というのは、純資産を1株あたりに割り振ったものです。
これは、今仮に会社が解散した場合に株主に返還される資産でもあるので、「解散価値」とか「清算価値」とも呼ばれている。

要するにPBRというものは、
株価が解散価値の何倍であるかを見る数値のことを指します。

仮に1倍であるとすれば、株価が解散価値と同じ水準にあるということなので、株主は会社が解散した場合に、元本は返還されるということです。

PBRが1倍未満の場合というのは、会社を清算して株主に資産を分けると株主が儲かるということです。つまり1倍未満の銘柄は投資対象としては非常にお買い得ということです。

優良企業の株が急落したときはPBRをみることが投資する際、非常に有効になります。
PBR1倍という水準は底値のメドになっていますので、優良企業が一時的な悪材料などで株価が急落した場合、PBR1倍の水準が底値のメドとして非常に強く機能してきます。

現在の株価が純資産に対し、どの水準にあるかを把握することにより、現在の株価が底値なのか、まだ下がるのか、または上がるのかを判断することができます。

例えば、1株当たりの純資産が2000円の企業の株価が1600円の場合、今現在は理論上の下落メド2000円よりも低い水準であり、少なくとも1倍の2000円までは上がる可能性があります。

また、1株当たりの純資産が2000円の企業の株価が2000円の場合、今現在の株価は下落のメド2000円であり、現在が底値である可能性が強いといえます。

そして、1株当たりの純資産が1000円の企業の株価が2500円の場合、下落のメド1000円よりも高く1000円まで今後この株は下がる可能性があるといえます。

PBRはかなり
安定性と信頼性の高い投資指標ですが、いくつかの点に注意する必要があります。

1)業績が赤字続きで、将来の見通しが暗いといった企業の場合にはPBRが1倍でも決して割安ではありません。

2)PBRが0.1倍とか0.2倍というように極端に低い企業は何かしら問題が潜んでいる可能性が高く、将来債務超過や売掛金の回収困難に陥ったりする可能性がありますので基本的にはそうした銘柄の売買は避けるようにしましょう。


 PBR  PBRは「price book-value ratio」の略で、「株価純資産倍率」と呼びます。
PBRを計算するには、まず純資産(資本金に資本準備金等を加えたもの)を発行株式数で割り、1株当たり純資産(BPS)を求めます。

  BPS=純資産÷発行株式数

そして、株価をBPSで割ってPBRを求めます。

  PBR=株価÷BPS

株価を1株あたり純利益で割った数字。これが低いのは、株価に対する不安の少ない企業ですが、不人気であることも表している。