本文へスキップ

証券会社の比較・検討サイトはネット証券などを徹底比較してます。

株式投資の基礎STOCK INVESTMENT

株式投資の基礎について

マネックス
 
ここでは株式投資によってお金もうけをしていくためのノウハウや情報を紹介します。
わたしは株式投資を初めてまだ10年位しか経ってませんが、これまでに得た知識やノウハウを紹介します。


 株式投資と言うと、どうしても始めは怖いとか損をするとか儲かって いる人は一部だ けでほとんどの人が損をしているといったイメージを抱いてしまいがちです。

損をするとか怖いといったイメージは最近でいうとバブル崩壊のイメージや言い伝えがかなり影響していると思います。 バブル崩壊によって損をした人たちがかなりいたことも事実ですが、あの時はかなり特殊な事象であったという事です。

最近は 若干景気が上向き始めたと言われてますが、まだまだ日本の技術、経済力からすれば安く株が購入できる状況です。

これから株式投資を始めようとする方は非常にツイテルと思ったほうが、良いです。なぜなら今以上に景気が悪くなるとは今のところ考えにくいですし、むしろ株価は今後上下動をしながらも確実に上昇していくと思われるからです。
株価が安いときに株式投資を始められるのは幸運なことです。

では,これから株式投資を始めるようと思ってる方やすでに始めている方も今までの投資活動を復習する意味も含めてお付き合いください。


1.株式投資の目的

 株式を持つ目的としては一般に以下の3点が挙げられます。

 @株式の
値上がり益を狙う(株式は値下がるリスクもあります)。

 A配当金を受け取る(配当金が出ない場合もあります)。

 B株主優待(実施していない企業もあります)。

配当が出ていることで企業への信頼感が高まり、株価が安定するというメ リットはありますが、配当金や株主優待は金額や率にすれば大した利益にはなりません。
ですから、配当金や株主優待は株式投資を行う上で、あまり 重視しないほうがいいです。

むしろ、株式の値上がり益を狙うというのが株式投資で大切なことです。
配当金や株主優待はおまけ程度に考えておいた方がいいでしょう。

また株式投資をする際には投資の
基本をよく勉強してから始めましょう。


2.株式投資は錬金術ではない

中世のヨーロッパでは、金属から価値のある金に作り直そうとかなりの人たちが苦労をしたようですが、これはおとぎ話のようなもので現実にはこの世の中には錬金術などというものはありません。

ですから株式投資も例外ではなく、そんな便利な術ではないのです。ただし、ギャンブルのようにゼロサムゲームではありませんので負けた人が全てを失うということはありません。

あくまでも自分の投資金額が増えるか、減るかなのです。ですから株式投資は
ギャンブル以上であり錬金術以下とも言えます。


3.株式投資は社会勉強にもなる

株式投資をすることによって世の中の政治、経済、流行、などの動きを先読みしようとする力がつきます。

株でもうけるためにはまず今後伸びていく会社を探し出し
先手必勝で投資するのが王道です。そのためにはまず自分の得意とする分野をより熟知し、人よりも早く目を付けた会社に投資しましょう。